フォトウエディングが人気!選ばれる理由と体験談

結婚
スポンサーリンク

結婚式は出来ないけど、ウエディングドレスを着てみたい!写真は残したい!という人にお勧めしたいのがフォトウエディングです。最近人気を集めているフォトウエディング。一体どんな魅力があって、どんな人が利用しているのか、どんな点を気を付けたら良いのか、体験談を踏まえてしっかりお伝えしたいと思います。

コロナ禍だからこそ、結婚式はできなくても、ウエディングドレスを着て写真を撮るフォトウエディングが注目されています。人生で何度も訪れない記念すべき夫婦の思い出に是非フォトウエディングを活用してみてください♪

スポンサーリンク

フォトウエディングとは?

フォトウエディングとは、ウエディングドレスやタキシードを着て結婚式さながらのウエディング写真の撮影をすることです。

最近では、結婚式の前撮りや結婚式の代わりとして、フォトウエディングをする夫婦が増えてきています。

コロナ禍で結婚式を見送る夫婦が多い中、フォトウエディングは少人数でもできるため、注目され始めています!

どんな人におすすめ?

フォトウエディングは結婚の記念の写真を撮りたい人、全ての人におすすめできます。

結婚式の前撮りか、結婚式の代わりに行う人が多いですが、夫婦の思い出としてや生まれてきた赤ちゃんと一緒に撮影する人もいます。

結婚の記念をとりあえずドレスやタキシードを着て写真に残したい人におすすめです。

因みに、私がフォトウエディング利用した理由を紹介すると、

・父が病気で結婚式ができない
結婚式にあまりお金をかけたくない
・結婚式に招待する人を考えたり挨拶を考えたり計画が面倒
・結婚式で過去をさらしたくない
ウエディングドレスは着てみたい
・写真は記念に残したい  などなど

色々ありますね・・・

同じ項目自分も当てはまる!っていう人はいますか?

父が病気で~とかは流石にないかもしれませんが、

結婚式にお金をかけたくない!とか、結婚式の計画をするのが面倒!って思っている人は結構いるんじゃないでしょうか。(‘Д’)

そして普段服装とか気にしない女の子でも、一度はウエディングドレス着てみたいって思ってる人は多いと思います。

銀行に勤めていたころ、資産運用で相談に乗るとき、結婚式はきちんとしたものをしたら300万円ぐらいかかるので独身の内から資産運用でお金を増やしましょう!と説明していた私が言うのもなんですが、内心は「こんなお金あったら新生活やハネムーンに使いたいな~」とか、「招待した人にご祝儀ひとり3万円も申し訳ないな~」とか思っていました。(;´Д`)

また、結婚式に何度か招待されたこともあるのですが、新郎新婦の生い立ちのVTRを見たり、挨拶したり、手紙読んだり、を見ていると、

「ゴメンナサイ、私こんな披露できる過去ないです。(>_<)手紙も公の場で読むのは、、、ちょっと苦手」

と思っていました。

なので結婚式は簡単にできたらな~と思っていたところフォトウエディングに辿り着きました。

コロナ禍の今の時代は、私と同じ様に、家族揃って結婚式をするのが難しい人や、結婚費用にお金をかけられない人も多いと思いますので、是非フォトウエディング検討してみて欲しいと思います。

どんな所が人気?

フォトウエディングが人気のワケを紹介したいと思います。

・結婚式に比べて費用が安い
・少人数(夫婦二人から)でできる
・日程を自由に選びやすい
・打ち合わせの回数が少ない
・ドレスを選べる
・ロケーションを選べる
・写真を落ち着いて撮影してもらえる
・拘束時間が短い など

色々ありますね!

結婚式と違い、夫婦だけや身近な家族だけで写真撮影をこじんまりとできるのが魅力の一つです。

初めの相談予約1日、打ち合わせ衣装合わせ1日、撮影日1日の、トータル3日だけで出来ます。

結婚式と違って食事をしながら衣装を着替えたり写真を撮ったりバタバタ忙しいこともないですし、ゆっくり写真を撮ってもらうことができます。撮影時間もスタジオだけなら1時間ほどなので拘束時間も短かったです。(着替えやメイク等で集合は撮影の2時間前)

なにより、料金が安いのが特徴です!ロケーション衣装を良いものに拘らなければ、20万円もかかりませんでした。

業者ごとに料金は異なるかもしれませんが、私や友人が利用させていただいたTVBでは大体20万円前後で済ませることができました。(※ウエディングドレス1着のみ、チャペルやスタジオでの撮影の場合)

気を付けたいポイント(TVB梅田店体験談)

フォトウエディングは費用を安く抑えられて、気軽にドレスを着て撮影できるのが魅力なのですが、気を付けたいポイントもいくつかありましたので、ご紹介します。

衣装代が分からない(聞かないと教えてくれない)
ドレスの試着できる数に限りがある(3着までなど)
・衣装合わせの日にある分しか試着できない
カラードレスの品ぞろえは少ない
・男性のヘアセット・メイクは別料金
・ボディメイクは有料

衣装代が分からない!が一番気を付けたいポイントなので紹介したいと思います。

お金有り余ってて費用は気にしないという方は読み飛ばしていただいて大丈夫です(*‘∀‘)

フォトウエディングといっても、打ち合わせを兼ねた衣装合わせの日が1日あります。

この日に撮影に使用したいウエディングドレスやタキシードを選びます。衣装代は無料のものからプラス料金がかかるものまで様々で一番高い衣装で14万円かかると説明がありました。

無料でも気に入ったのがあったらそれでいいね!(*´▽`*)とか、主人もタキシードは無料とか安くても良いからドレス代に費用かけていいよ!とか言ってくれて、なんとも平和な空気で打ち合わせがすすみました。

が、衣装選びへと移るとちょっと想像と違いました(>_<)

無料のドレスやタキシードは確かにあるのですが、学芸会に着るようなチープな生地で少し色が褪せていて、絶対に誰も選ばないようなものでした。

また、衣装は値段が付いていないので、いくらかかるのか分からないのでちょっと不安です。スタッフに聞けばよいのですが、極めて聞きづらい空気です。(^^;) 何回も聞くとお祝い事でケチってると思われそうですしね。

一応、試着は3着してその中から選ぶように説明されたので、遊びで何着も着られないため、選ぶ時も高そうなドレスばかりを試着する訳にもいきません。

結局私はドレスの衣装代8万円、主人はタキシードの衣装代4万円となりました。

衣装選びは中々値段を聞きづらいということと、無料の衣装はかなり微妙ということを心得ておきましょう!

さいごに

いかがでしたか?

フォトウエディングは気軽にウエディングドレスを着て記念写真を残すことができるので本当に便利です。

友人や同僚を沢山招いてすることはできないので、夫婦でそのあたりは相談する必要があると思いますが、コロナ禍でなかなか結婚式があげられなくて写真だけでも残したいと考えている人は是非フォトウエディング活用してみてください♪

ウエディング写真を残すだけでも夫婦の絆も深まりますし、ご両親や親せきにも喜んでもらえますよ♪

本記事でもフォトウエディングの体験談を書かせていただきましたが、もう少し詳しく予約から衣装選び、撮影までの流れを紹介したいと思っています。

次回記事もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました