育休手当の支給は遅い!?1回目の支給が育休開始から4か月半以上かかった話【余裕をもった生活設計が重要!】

お金
スポンサーリンク

働くママの多くが頼りにしている、育休手当。

子育ては何かとお金がかかるけど、

育休手当があるから安心!!

そう思っていました!!(*’▽’)

が、実際私が育休手当の1回目を手にしたのは、


育休開始後4か月半以上、

産後半年以上、経ってからでした・・・(*´Д`)

この記事では、育休開始後4か月半以上経って、漸く入金された体験談を紹介します。


これから出産を控えているママや育休支給を待っているママは、

是非参考にしていただき、生活設計に役立ててください♪(>_<)

スポンサーリンク

育休手当とは

育休手当とは!?
 
  • 正式名称は「育児休業給付金」
     
  • 育児のために休業する人に対して、その生活を支援するための給付金
     
  • 雇用保険から支給されて、原則1歳未満の子どもを育てる人が対象
     
  • 育休開始前の賃金の50%(最初の180日は67%)が支給
     
  • 保育園に入れない場合は、最長子どもが2歳になるまで延長可能
     
  • 2か月毎に休業している場合支給
    (※希望すれば1か月ごとに行うことも可能)
     
  • 支給時期は勤め先や金融機関の手続きによって多少前後
     
  • 非課税

【育休手当の支給条件】
● 雇用保険に加入していて、育児休業する前の2年間のうち1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あること
● 育児休業中に勤務先から賃金の80%以上を支給されていないこと
● 休業している日数が対象期間中毎月20日以上あること(ただし、休業終了月は除く)

と、働くママが出産する際、心強い制度ですよね!

「出産で収入がなくなるけど、育休手当があるから安心して休める!!」

そう感じている人も多いと思います。

yopi
yopi

名前からして、育休中の生活資金って感じ!!(*‘∀‘)

育休手当について、

上記の特徴である原則2か月毎に2か月分まとめて

という点についてある程度認識していたものの、

まさか、育休開始から4か月半以上もかかるとは!!

思ってもみませんでした。(^^;)

育休手当支給までの流れ

STEP1 
育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書 
を勤め先に提出。
(※育休を取ることを申告していれば会社や会社が委託している社労士から書類が届くので記入)

⇓⇓

STEP2 
勤め先が「育休開始から4カ月を経過する日の属する月の末日」までに
STEP1の書類に加え、
・雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
公共職業安定所に提出・申請する。

育休が2か月経過したタイミングで勤め先が2か月分の休業証明をすることができるので、申請可能となる。そのため、最短でも支給まで育休開始から2か月半かかると言われている。

⇓⇓

STEP3 
公共職業安定所にて審査が行われ、受給が確定すると
育児休業給付金支給決定通知書」が交付され、
1週間前後で口座へ振り込まれる。

ハローワークの業務が混みあっている場合、通常より申請から2週間程審査や振込が遅れるケースがある。


yopi
yopi

勤め先やハローワークの手続き次第で、支給が遅れていくみたいです(*´Д`)

 

切羽詰まってる人は、支給を1か月毎にしたり、会社やハローワークに問い合わせて、手続きを急いでもらったりする人もいるそうです。


ただ、イチイチ連絡したりするのも面倒臭いですし、

なんだか気を遣いますよね。

今年はコロナの影響もあってか、

私は4月に出産して、支給は10月末でした。(;´Д`)

yopi
yopi

育休手当の支給が遅いことを見込んで生活設計を立てて置いた方が賢明です!

【私の支給スケジュール】(参考まで)

出産        :4月中旬
⇓⇓

産前産後休暇手当  :7月中旬
⇓⇓

育休手当(1回目) :10月末

育休手当の支給が遅れる理由

育休手当の支給が遅れる理由は3つあります。

育休手当の支給が遅れる理由
  • 自分、勤め先(提携社労士)、ハローワークの複数で書類のやり取りし遅れる
     
  • 初回申請の締め切りが「育休開始から4か月を経過する日の末まで」と長い
     
  • 勤め先や委託社労士、ハローワークが忙しい場合に遅れがち


 

 

yopi
yopi

それぞれ忙しいのは分かるけど、育休開始から4か月以上収入なしだと育休手当をアテにしていた人は生活に困りますよね(^^;)

結果として初回支給は

育休開始から早い人で2か月半、遅い人は4か月半以上かかるという訳です(>_<)


因みに2回目以降の育休手当支給も、ハローワークが忙しいと1~2か月遅れるようです。

予め覚悟しておく必要があります。(*´Д`)

補足:出産に関する手当を計算できるサイト

出産に関する手当の金額やスケジュールを簡単に調べることができるサイトを見つけたので紹介します。

⇓⇓

あなたの産休・育休の期間と金額を自動計算します。

yopi
yopi

このサイトで入金時期や金額が大体イメージできるので便利です!!

育休手当の支給の遅れは加味されていませんが、

このサイトでは、出産予定日と賃金を入力するだけで、

支給額やスケジュールが分かりやすく表示してくれます。

とても役立つので、是非活用してみて下さい♪

最後に

いかがでしたでしょうか。

育休手当の支給が早い人は特に困ることも焦ることもないと思いますが、

私の様に凄く遅れて入ってくる場合もあるので、

何度も繰り返しにはなりますが、

遅れた場合に備えて生活設計をしておくことをお勧めします(>_<)


子育てで大変な中、手当が中々入ってこないと、

ちゃんと手続きされてるのか不安になったり、

生活そもそもが困ったりして焦ると思います。

 

そんな場合は必要に応じて、

手続きをしてくれている勤め先や社労士、ハローワークに確認してみて下さい。

後回しにされている場合は多少急いでくれると思います!!



また、2か月に1回が原則となっている育休制度ですが、

1か月に1回に変更することも可能です。

希望の方は、相談してみて下さい。



手当の支給が遅くて私自信、焦りましたが入ってきて良かったです。(笑)

今後も入金が遅いことを覚悟して生活しようと思います(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました