MENU
よぴ
大阪市在住の30代OLです。
金融業界で約10年間事務職で働いています。

2020年4月に長男を出産し、初めての育児に奮闘中です。

ブログでは、日常生活のお役立ち情報(仕事や関西のお出かけスポット、子育てが中心)を発信しています。
アーカイブ
2021年6月
月火水木金土日
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 
CocoonからSWELLへ!移行の理由を解説!≫click

1LDKで子育て❤買って良かったモノ・使わなくなったモノ

よぴ

はじめまして!
よぴです。
1LDKで子育てしてます!

 

妊娠中や産後、1LDKという限られた広さで、

子育てできるのか不安でしたが、

思いの外、問題なく楽しく子育てできています!

 

よぴ

狭くても案外、
やっていけます!!

そこで、

初めての出産・子育てを

狭い部屋でやっていけるのか心配な方や、

今現在、部屋が狭くて悩まれている方に向けて、

買って良かったモノ、使わなくなったモノ、

を紹介したいと思います!

 

よぴ

狭さを生かして、
快適に暮らしましょう!!

 

この記事で伝えたいこと
  • 1LDKで子育て・買って良かったモノ
     
  • 1LDKで子育て・使わなくなったモノ
      
  • 狭い部屋で子育てするメリット・デメリット

  

よぴ

私が狭くても、
部屋を快適に過ごすために、
赤ちゃんと安全に生活するために、
参考にしていただければ
嬉しいです!

目次(クリックで飛べます)

1LDKで子育て・買って良かったモノ

早速、買って良かったモノ、

紹介したいと思います! 

 

よぴ

色々買いました!!

 

それがコチラ⇓⇓

買って良かったモノ 5選

 

よぴ

これらは狭い我が家では大活躍中です。
1つ1つ紹介します!!

 

まず1つ目が、

ジョイントマット(12畳分)
(ジョイントマット大判12畳・防音・断熱・フロアマット)

です。

 

 

コチラの良かった点は、

防音、断熱、大判、

の3点です!!

こちらは、楽天で購入しました。

 

よぴ

ジョイントマットなら何でもいいと思っている方は、
注意してください!!

 

ジョイントマットは様々な種類が、

ホームセンターやネット通販で販売されていますが、

1LDKで使用する場合は、

部屋全体に敷くことが大切です!

  

よぴ

部屋の一部だけに敷くとずれやすく、
隙間からゴミが入り込み、
掃除が大変になります。

 

なので、12畳で大判のジョイントマットを、

まとめて買えば、敷くのも楽ですし、

部屋全体が同じジョイントマットで、

統一感が出てスッキリキレイな雰囲気になるので、

オススメです。

 

よぴ

防音、断熱、も大事です!!


冬場はフローリングの上に、

そのまま座るのは寒くて辛いですが、

ジョイントマットを敷いておけば、

どこでも気軽に座れます!

 

よぴ

赤ちゃんの世話をするとき、
膝をついたりすることが多いので、
ジョイントマットがあると痛くなくて、
良いです!!

 

その他、赤ちゃんがハイハイしてドタバタ、

音がしたり、リングフィットアドベンチャーなど、

フィットネス系のゲームでドタバタする場合にも、

防音効果があると安心です。

 

2つ目にオススメしたいのが、

洗えるクッションラグです。

 

 

ジョイントマットの上に、

一部敷いておくと何かと便利です。

赤ちゃんとゴロゴロ寝ころぶこともできます。

 

よぴ

汚れにくく、
もし汚れてもすぐ洗えて、
衛生的!

 

ジョイントマットと重ねることで、

更に防音、断熱効果が高まります。

 

3つ目にオススメしたいのが、

椅子に乗せたり、地べたで使える椅子
(ingenuity インジェニュイティ ベビーベース 2 in 1)

です。

 

離乳食を始めたら、

必要になるのがベビーチェアですが、

1LDKで大きなベビーチェアは、

邪魔になります。

なので、椅子に乗せたり、

地べたでも座って食べさせられる、

赤ちゃん椅子はとっても便利です!

 

よぴ

テーブルで食べたり、
地べたで食べたり、
両方で食事をすると、
発達にも良いそうです。

 

私が購入した、

ingenuity インジェニュイティ ベビーベース 2 in 1

について、下記記事で紹介しているので、

興味のある方はご覧ください⇓⇓

4つ目のオススメは、

ビーズソファ
(ニトリや楽天で販売されている大き目のビーズソファ)
(ビーズクッションソファ シフォン〔LLサイズ〕)

です。

 

ビーズソファは、

大人がリラックスできるアイテムなのは勿論ですが、

赤ちゃんが寝る場所に、

授乳時のソファに、

活躍しました。

 

よぴ

特に授乳は回数も多く座ってするので、
腰が痛くなりがちですが、
ビーズソファなら、身体の形にビーズソファ
が包みこんでくれるので、
長時間の授乳も楽ちんです。

 

ビーズソアでミルクを飲む息子

よぴ

ミルクに至っては、
抱っこであげるより、
上手に飲んでました。

 

最後のオススメが、

省スペースで遊べたり、折りたためるおもちゃ
(やわらかブロック〔babyClammy〕)
(ブルーナボンボン)

です。

 

 

よぴ

柔らかいブロックは、
誤って踏んでしまっても痛くないので安心。
膨らませて乗って遊ぶミッフィは、
置いてるだけで、可愛い❤

 

1LDKでおもちゃというと、

嵩張るものは邪魔になってしまうので、

困ります。

(押し車やプレイジム等、、、)
 

が、ブロックの様な片付けられるおもちゃは、

とても重宝します!!

 

よぴ

8か月頃から息子はブロックにハマっています!
しかし、おもちゃより大人が触るリモコンやスマホ、
PC、コード類の方が好きそうです。(;^_^A

 

以上が、

1LDKで子育てで買って良かったモノ5選です♪

 

よぴ

続いて、
使わなくなったモノの紹介をします!(>_<)

 

1LDKで子育て 使わなくなったモノ

1LDKで子育て、使わなくなったモノが

コチラです⇓⇓

 

1LDKで子育て 使わなくなったモノ
  • ローテーブル
    (コタツテーブル)
     
  • 電気ストーブ兼加湿器
      
  • 玄関マット、キッチンマット
    (毛の長いカーペット、洗えないラグ)

 

よぴ

1LDKに限らず、
あるあるかもですが、、、

 

ローテーブルはつかまり立ちが始まるとともに、

使わなくなりました!!(>_<)

机の上にあるものを全て落としまくる上、

ハイハイできるスペースも減ってしまうので、

普段は立てかけて、置いています。

(※使う時がチラホラあるので処分は考えてませんが。^^;)

 

そして、電気ストーブ兼加湿器も、

赤ちゃんが近づいて触ったりすると危ないので、

処分しました。

電気ストーブの処分について紹介しています。
興味のある方はご覧ください

  

よぴ

電気ストーブは、メルカリで秋頃出品した所、
売却できました♪季節を合わせると売れるかも!!

 

玄関マットや、キッチンマット、毛の長いラグ

も使わなくなりました!!(>_<)

 

よぴ

新婚当初は、
肌ざわりがお気に入りの毛の長いラグを使っていましたが、
赤ちゃんのよだれや食べこぼしが付くと洗えず、
不衛生なので、お蔵入りとなりました。

 

玄関マットやキッチンマットは、

滑りやすかったり、

赤ちゃんに汚されて洗う手間を考え、

使わない様になりました。

 

よぴ

赤ちゃんがいてもいなくても、
マット類は極力少なくした方が、
洗濯も掃除も楽ですね!!

 

1LDKで子育てするメリット・デメリット

1LDKで子育てのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

まずは、メリットから!!

1LDKで子育てのメリット
  • 掃除が楽
     
  • 家賃が安い
     
  • 赤ちゃんを目の届く範囲で育てられる
     
  • パパも子育てに参加しやすい
     
  • トイレやキッチン、お風呂、部屋の移動が楽
    (何をするにも、無駄な動きがなく便利)

 

よぴ

掃除が楽で家賃が安いのは嬉しいですね!

 

部屋が区切られていない分、

パパが子育てに参加しやすいのもメリットです!!

 

よぴ

子どもとの距離が近いと必然的に、
パパが世話をする頻度も上がります!!

 

続いてデメリットがコチラ⇓⇓

1LDKで子育てのデメリット
  • 子どもが走り回ることが出来ない
     
  • 風邪を引いたとき等に部屋を分けられない
     
  • 収納が少ない
     
  • リモート等で在宅勤務の時、逃げ場がない
     
  • 気軽にお客さんを何人も呼べない

 

よぴ

特に、コロナ禍のリモートワークで会議や電話の時は、
赤ちゃんは泣く生き物なので、
迷惑をかけまいかと必死でした。

 

とはいえ、概ね

子どもが小さい今は、1LDKで子育てでも、

そんなにデメリットは感じていません。

妊娠した頃は、部屋が狭くてやっていけるか、

心配でしたが、

実際生活してみると、面倒臭がりの私には、

掃除が楽で、子どもを目の届く範囲で世話できるので、

メリットも大きいと感じています。

 
 

我が家は、部屋の広さよりも、充実した設備と綺麗さ、職場や買い物のアクセスを重視して、物件選びをしました。子どもが成長する中で、いつまで住めるかは分かりませんが、子どもが2~3歳になるまでは住めるかなと思っています。

 

部屋が狭くて、子育てに不安を感じている方は、

デメリットばかりではないので、

安心して欲しいと思います!!

 

さいごに

いかがでしたか?

狭い部屋でも、使うものを工夫して、

生活すれば、快適に子育てできます♬

出産を控えている方、子育て中の方の

参考になっていれば幸いです。

 

よぴ

1LDKで子育てについては、
下記記事でも紹介しています!!
参考にしてみてください!!
⇓⇓

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

yopipi(よぴ)です。

大阪市在住のOLです。

[仕事]金融関係で事務の仕事をなんだかんだ10年近くしている

[日常]
・コロナ禍4月に第一子出産。
・現在初めての子育て奮闘中。

コメント

コメントする

目次(クリックで飛べます)
閉じる