MENU
よぴ
大阪市在住の30代OLです。
金融業界で約10年間事務職で働いています。

2020年4月に長男を出産し、初めての育児に奮闘中です。

ブログでは、日常生活のお役立ち情報(仕事や関西のお出かけスポット、子育てが中心)を発信しています。
アーカイブ
2021年10月
月火水木金土日
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
CocoonからSWELLへ!移行の理由を解説!≫click

銀行員女子の転職方法!求人で気をつけるべきこと

よぴ

はじめまして!
元銀行員のよぴ🐤です。

一般職として、銀行に入行しその後、

2度の転職をした私が語る銀行員女子の、転職事情について、紹介したいと思います。

私は、何か特別な特技や趣味がある訳ではない、極めて凡人です。

 

ですので、私と同じように、

毎日銀行に行って、
過酷な業務を必死でやって、
無事帰ってくることだけで精一杯なんだ!

でも、この生活を変えたい!
転職なんて、本当にできるの?
どうすればいいの?

と感じている人に向けて、

転職方法を体験談と共に解説していきたいと思います。

よぴ

悩んでいる人は是非参考にしてください!

この世界で生きていく!とか、特別な能力を生かして活躍するんだ!
という方は、自分を信じて転職してください。(>_<)応援致します!

この記事で伝えたいこと
  • 平凡な銀行員女子の転職方法
  • おすすめの転職サイト
  • 面接や書類選考で気を付けるべき点
  • 求人情報で気を付けるべき点
目次(クリックで飛べます)

銀行員女子が転職を考えるタイミング

銀行員女子が転職を考えるタイミングは、

結婚?出産?

が多かったりしますよね。

大義名分がないと、どうして辞めるの?と周りに変な目でみられがちです。

でも、もし今銀行で働くことが辛すぎて、

・色々努力したけど自分には合わない!
・辛すぎて毎日泣ける!
・5年後働いている姿が全くイメージできない!

という方は転職を考えるタイミングだと思います。

因みに、私が転職しようと思った理由はこちらです。

転職しようと思った理由
  • 人間関係が辛い
  • ノルマが避けられない
  • 給料が少ない
  • お金を扱うのに神経をすり減らす
  • やりたい仕事がない
  • 銀行員以外の世界を知りたい
  • 仕事の愚痴が絶えない
  • 転職した同期が生き生きしていて羨ましい

思い返せば、もっと色々あります。

この中でも、ノルマが避けられないことや仲の良かった同期が退職して、その後転職して生き生きしている姿を見た事が一番、転職に踏み切った要因でした。

同じ様な理由で、転職を考えている方はいるんじゃないでしょうか。

複数当てはまる人は転職を考えても良いと思います。

タイミングは人それぞれだとは思いますが、

女子の場合は早い方が良いと思います!

求人の中には29歳まで等、年齢制限を設けているところもあるからです。

転職したいと思うタイミングと自分が求める求人に出会えるかは、

運次第とも言えますが、年齢に関してはどうしようもないことなので、

是非、チャンスを逃さないためにも、転職を意識した時から、

求人サイトでチェックすることをお勧めします!

転職活動はどうやってする?

まずは、求人サイトに登録しましょう!

オススメの求人サイト

働きながらでも、条件に合う転職先があるか事前に知っておくことで、本気で辞めたくなった時に気が楽になります。

同じような事務職で探すなら、

女性向けの求人サイトがおすすめです。

求人は年間を通して、内容が変動します。

自分が受けたい企業や職種があれば、先延ばしにせず、受けましょう!

また求人が現れるとは限りません。

因みに私は、

リクナビ転職、とらばーゆ、Doda、女の転職など色々活用しました!

住んでいる地域によっても、どの転職サイトが良いかは変わると思います。

関西に住む私が未経験の事務職の求人を探すには、
Dodaかとらばーゆが使いやすかったかなと思います。

 

よぴ

転職活動っていうと、大変そうに思いますが、求人を見るところから始めると良いと思います!気になる求人が出てきた時にいつでも応募できるように、転職サイトに登録だけしておくと良いと思います!

 

ハローワークでも求人はありますが、転職サイトや転職エージェントを使う方が、インターネット上の履歴書やエントリーシートで1次選考をしてくれるので便利ですよ!

ハローワークは紙の履歴書を郵送することから入ったりするので、面倒だったりします!

 

同期や先輩後輩に転職に利用して成功した事例が多かったのがDODAだったので、転職希望の方は、登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

銀行員ならではの注意ポイント

地元で就職活動する銀行員の場合、応募した企業が取引先の可能性が十分あり得ます!

関係ない部署ならいいと思いますが、経理希望とかだと元同僚と絡む機会があるかもしれないので、ちょっと気まずいと感じる人は面接時にそれとなく聞いてみても良いかもしれません。(笑)

よぴ

1回面接日に元同僚と鉢合わせしそうになった事があります!

銀行を辞めてから就職活動は不利?

転職活動は働きながらするのがベストです。

銀行員として働いているだけで、なぜか評価されるので、できれば働きながら転職活動をしましょう!

しかし、精神的にも病みそうでどうしても続けられない!という方や、

気を遣いすぎて転職活動の面接の休みも取れない!という方は、

思い切って、先に退職することも考えましょう。

退職後すぐであれば就職活動で不利にはならないので安心してください♪


しっかりした会社は、面接をした後、明日から来て!みたいなことはなく、

11~12月に面接をしたとしたら、来年の2月からは来れそうですか?など

応募者の立場に立った、ゆとりある採用を行っています。

銀行の場合、退職の意思を3か月前に申し出る必要があったりしますが、

銀行を退職するまで入社を待ってもらえることが多いです。

なので、転職先が決まる前に焦って退職を申し出る必要はないですね!

入社を急がせる会社は何か訳アリの可能性もあるので、

注意しましょう!

因みに私は、一度退職してから転職活動をしました。

というのも、仕事を一回辞めて、ゆっくり将来の事を考えたり、旅行をしたかったからです。

よぴ

ちょっと甘かったかな~と今となっては思います(笑)仕事を先に辞めると、燃え尽き症候群で働く気が無くなるという問題もありました(笑)仕事を辞めてすぐなら、就職活動をすれば引く手あまたでした!

銀行員女子って基本実家暮らしが多いと思うので、仕事を辞めて収入が無くなっても、住む場所に困らないので、落ち着いて、冷静に次の職場を探せると思います。

焦って変な会社に就職しないように、気をつけましょう!

もし変な会社に就職してしまっても、

また転職活動すればいいや~ぐらいの気持ちで臨みましょう!(*‘∀‘)

 

よぴ

履歴書に空白期間があると、その間何をしていたのか必ず聞かれますので、極力ブランクが空かないようにすることを心がけましょう!

転職活動で気を付けた方が良いポイント

銀行員の辛いこと嫌な事って、ぼやいてしまいそうになりますが、

面接では、自分がいかに努力して工夫して続けてきたのかと、

入社したら、そのスキルをどう生かせるかを語りましょう。


一番無難なのは、電話対応や事務作業の正確性でしょう!

あとは、笑顔を忘れないようにすれば良い印象を与えられると思います。

特別なスキルを持っている人(英会話が得意とかプログラミングができるとか、)は、スキルをアピールすればよいと思いますが、

特にないわ~(;´Д`)必死で銀行員やってきたのが取柄なんだって!!

という方は、

とりあえず、電話対応と接客と事務作業の正確性をアピールして笑顔で乗り切ることが一番良いと思います!

そして、入ってどんな事をしたいのか意欲をしっかり伝えましょう!

それでも落ちたら縁がなかっただけと思って、自分を責めないでくださいね!

応募企業で気を付けること

求人を見ていると、たまに会社の写真を載せていない会社があるのですが、ちょっと注意して見た方が良いと思います!

オフィスワークをしているフリー素材の写真を載せている会社のことなのですが、

自社の写真を載せないという会社はちょっと訳アリの可能性があります!

・従業員の入れ替わりが激しくて、載せる写真がない
・会社が汚い、古い
・従業員が生き生き働けていない、暗い

求人に応募する場合、どうしても自分は採用してもらえるだろうか、、、

と受け身になりがちですが、自分も受けた会社を評価する立場でもあります。

入社してから、後悔しないためにも、応募した企業を見定める気持ちも大切です。

 

よぴ

会社の写真を掲載していない求人に、実際に応募したことがあるのですが、職場環境が悪そうで、人の入れ替わりが激しいみたいでした。そして、すぐ求人をまた出すという、、、頻繁に求人が載っている所は要注意です。

 

転職活動では、職場環境を、面接官や面接会場の雰囲気、従業員の雰囲気をそれとなく確かめながら、転職先を決めましょう!

一緒に働きたいと思える人が働いているかが、転職先を決める一番のポイントとなり得ます!

注意深くみて転職活動をしましょう!

業種は金融以外でも大丈夫?事務職以外でも大丈夫?

金融以外の業種でも事務職以外でもやる気があれば採用してもらえます!

未経験でも大丈夫ですが、やっぱり事務職で金融系の方が、優遇されます。

銀行と違って、ノルマが無かったり、現金を触って神経すりへしたり、

お客さんに怒鳴られたりすることがない、金融の職場もあるので、

根気よく探して、自分にあった転職活動をしてみてください♪

事務職以外の方がはっきりいって求人は多いです。

個人的には、これを機に新しい仕事にチャレンジするのも良いんじゃないかなと思います。

さいごに

多分銀行で働いていると、妙齢になると、結婚か転職かみたいな岐路に立たされがちだと思います。

人事異動も定期的にあって、異動になったら新しい職場で辞めたいって言いづらくなったりして、迷走している間に時間が過ぎて行ったり、、、

昔の私はそんな感じでした。

銀行を自分で選んで就職したのに、すぐに仕事が嫌になって、そんな自分が嫌になったりして(;´Д`)

逃げるみたいでなんか負けた感じがして中々転職に踏み切れませんでした。

同じ悩みを抱えてる人に伝えたいです。

逃げてないので安心してください!

必要としてくれる会社は探せば出会えます!

家族に反対されてひるんだ時もありましたが、自分の人生なので、家族が責任を取ってくれるわけではないと思ったら勇気を出せました(>_<)

結婚や出産以外で辞めづらい空気は銀行にめちゃめちゃあって周りの目も気になると思いますが、

同じような悩みで迷っているなら、勇気を出して転職して良いと思います!

皆さんの転職が上手くいくように応援しています♪

今では家族も転職して良かったねと言ってくれます。

銀行から転職を考えてる方に少しでも参考になっていれば幸いです。

よぴ

勇気を出して、転職活動を始めよう!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

yopipi(よぴ)です。

大阪市在住のOLです。

[仕事]金融関係で事務の仕事をなんだかんだ10年近くしている

[日常]
・コロナ禍4月に第一子出産。
・現在初めての子育て奮闘中。

コメント

コメントする

目次(クリックで飛べます)
閉じる